禁煙の副作用と無尿、アルコールとニコレットについて

禁煙をすることで色々な副作用が生じると言いますが、禁煙における副作用と言うと離脱症状と呼ばれる煙草切れによるイライラや集中力の低下などが有名です。
煙草切れと言うのは、体内に取り込まれるニコチンが無くなる事で起きるもので、煙草を吸う事でニコチンが体内に取り込まれ、ドーパミンと呼ばれている神経伝達物質の分泌が行われることになり、ドーパミンの分泌は煙草を吸う事で得られる満足感に繋がると言った特徴が在ります。

また、不眠症や無尿と言った副作用が生じるケースが在るとも言われているのですが、無尿と言うのは医学的に言うと1日あたりの尿の量が100ml以下だと言います。
しかし、ニコチン成分には抗利尿作用ホルモンと呼ばれる、尿意を抑え込むホルモンを分泌させる作用が在るため、喫煙をすることで排尿の回数が少ないのが一般的であり、禁煙をすることで無尿になると言うケースは少ないと言います。

また、喫煙をする人はアルコールを飲む席ではいつも以上の煙草の本数が増えると言います。
アルコールを飲む事で尿意の回数は普段よりも多くなるのが一般的ですし、禁煙をしている場合でもアルコールを飲めば尿意の回数は普段よりも多くなるため、無尿と言った事になるケースは無く、副作用として現れる事は無いと言う事です。

尚、アルコールを飲む席では煙草の本数が増えると言う事からも、禁煙をして煙草を我慢している場合は、なるべくお酒を飲む席を控える事が大切です。

ニコレットは噛む事で禁煙時の離脱症状を抑えてくれる作用が在りますが、ニコレットを利用していたとしてもアルコールを飲む事で喫煙への欲求が高まるなどの理由からも、お酒を飲む席は控える事が良いと言われています。

尚、ニコレットは煙草を吸いたくなった時に利用する禁煙補助剤であり、1日に3回など決まっているものではないため、煙草を吸いたくない時は利用しなくても良いと言った特徴が在ります。